45140003-v2.jpg
 

この街は、映画の舞台

物語を紡ぐ上で重要な役割を担う舞台。パリ、ロンドン、ニューヨーク、東京。様々な街で、その個性をふんだんに活かした映画が撮られてきた。「ローマの休日」はローマだからこそ撮れた映画であるし、「ロスト・イン・トランスレーション」は東京でしか描くことはできなかった物語ではないか。そして、多くの役者たちは、日々舞台の上で芸を磨いている。空間的に、技術的に限定される舞台の上で、限りない想像力を駆使して舞台をあらゆるものに見立てて、その中で芝居をする。照明や舞台美術によって、その舞台は学校の教室にも見えたり、ニューヨークのスラム街にも見える。私たちが暮らすこの徳島もまた、映画の、役者たちの舞台になる。この映画祭に向けて徳島の各地で映画が作られ、公開される。私たちの普段見ている日常の景色が、美しく、面白く、またはいやらしく映画になって切り取られる。徳島という街は、元来「舞台」にふさわしい街だ。農村舞台、ジャズストリート、なにより阿波おどりというものは、徳島という舞台の上で、踊り手も観客もひとつになる一大エンターテイメントではないか。映画祭が終わった後、あなたは気付くだろう。私たちは映画を撮影するための舞台に立っているのだと。

 

IMG_6724b.jpg

 
クレジット.jpg
 

問い合わせ先 徳島県地方創生推進課
TEL088-621-2130 E-mail chihousouseisuishinka@pref.tokushima.jp